敏感肌 日焼け対策

敏感肌のため、普通肌用の日焼け止めを使うと肌が荒れてしまいます。

ですので、保湿クリームを混ぜて使おうと思いますが、UV効果は変わりますか?

~10代後半・女性のお悩みです~

 

敏感肌の日焼け対策はどうする?

日焼け止めにクリームや乳液を混ぜると付けるときに伸びがいいですし、つけ心地も良くなる一方で、UV効果が薄れてしまいます。

敏感肌用のUVクリームを使うことをおすすめします。

以前に、日焼け止めで荒れた事があるということなので、店頭のテスターで試すなど、パッチテストを行ってからの購入がおすすめです。

UVクリームの成分と保湿力が大事!

敏感肌用のUVクリームを選ぶ際には、成分に注目します。

スポンサードリンク

「紫外線吸収剤」が入っていると、荒れる肌質の方もいるので注意が必要です。

年齢を考えるとスッピンで日光を浴びる機会が多いと思いますので、肌を整えて潤いを一日持たせる意味でも、日中の保湿力が大事になります。

敏感肌用UVクリームを購入する際に気を付けることしては、保湿成分が入っている敏感肌用UVクリームを選びましょう。

肌へのダメージを考えてSPF値が低い製品が多いので、小まめにつけ直すことを心がけましょう。

また、普通肌用に比べて価格が高い製品が多くありますが、将来のシミ対策だと思って質の高いものを選びましょう。

 

まとめ

敏感肌の日焼け対策には、保湿成分が入っている敏感肌用のUVクリームを使いましょう!

よく見られる「キュレル」製品は、敏感肌でも使えるブランドです。

こういったスキンケアラインにあるUVクリームは、成分にもこだわりがあるので、選ぶ際に試してみることをおすすめします。

スポンサードリンク