敏感肌 克服

敏感肌を克服したいです!20代に入ってから、色々なコスメを試している内に、肌が薄くなったのか、少しの刺激でも反応してしまう敏感肌になりました。

生理前は特に、頬が真っ赤になったり、虫刺されのようにボコボコになります。

痒みもあって辛さ倍増です。このまま治らないの?と考えると、憂鬱になります。

 
色々なスキンケアを試しましたが、薄く弱ってしまった肌には何をしても逆効果。本格的に、角質培養して強くしたいです。丈夫な肌を取り戻したい!

外から中から、気を付けていきたいです。食事にも気を付けて、水を積極的に飲んで肌の水分量を上げています。敏感肌克服のアドバイスがあれば、教えて下さい。

~20代半ば・女性の方のお悩みです~

 

敏感肌克服のポイントは?

敏感肌というのは、肌の水分量が減っている状態です。全ては、「水分」が大事です。

潤っていないと、体内の酵素も機能せず、免疫力も低下します。肌は、水分が足りないと、防御力が低下して、少しの刺激でトラブルになります。

 
中からのケアとして、ふだんからの水分補給がまずは大事です。

清涼飲料や、カフェイン入りの飲み物だと、逆に水分が奪われてしまいます。水から水分補給!ビタミン全般、B群はとくに!一緒に摂りましょう。

食物繊維のとれる根菜や緑黄色野菜を中心とした食事ももちろん大事。そして、制限するものとしては糖分、脂分の多いものです。

 
美肌の秘訣は腸が元気であること、ですから腸を疲れさせる、肉や甘いものを食べすぎると、体内の酵素をがっつり消耗してしまいます。

腸が綺麗になって、水分補給をきちんと行っていれば、食べ物からの栄養の吸収もよくなり、血液が浄化されますので、肌の細胞も生き返ります!

時間がかかるように感じますが、健康にも繋がりますから、女性としてのライフワークにしましょう!

敏感肌の角質培養で気を付けることは?

肌表面の話しでいうと、敏感肌だとにきびや化粧品によるトラブル、年中問わず乾燥、部分的なテカリなどがありますよね?

どうしたら良いのか、分からない状態になるのもよく分かります。

『角質培養』とは、オイルクレンジングやピーリングをやめて、今ある皮膚を触らないようにすることです。

(朝は、お湯で洗って化粧水だけ、お化粧は日焼け止めのパウダーのみ。夜は、刺激の弱いクレンジングと石鹸で洗い、化粧水だけ。)

これにより、表面が肌むき出しになりません。最初は、不要な角質が溜まってゴワゴワ感じたりしますが、ちょっと我慢しまよう。

ターンオーバーにより、自然とキメのある丈夫な肌が表面に出てきますよ。

 

さいごに

肌に関しては、何かしなくちゃ!ではなく、「変わったことは、何もしない!」が重要です。

とは言っても保湿は大事!

セラミドはバリア機能ですので、天然のセラミドを原液で購入してはいかがでしょうか?

スポンサードリンク