乾燥性敏感肌 日焼け止め

市販の日焼け止めとパウダーファンデーションを使っていますが、乾燥がひどくなってきました。

元々、敏感肌でもあるため、乾燥性敏感肌だと思います。日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や散乱剤が原因で、乾燥しているんだと思います。

ニキビもできやすく、これまで使っていたパウダーファンデーションで乾燥するのでUVケアに困っています。

リキッドファンデーションでは、ニキビが出来てしまったことがあるので、日焼け止めを使わずパウダーファンデーションのみでUV対策をしようと思うのですが、日焼けしてしまわないか心配です。

みなさんは、どんな対策をしていますか?

~20代後半・女性のお悩みです~

 

乾燥性敏感肌で日焼け対策ができない!

紫外線があたる環境によって、日焼け止めを使い分けていいと思います。

日中はあまり外に出ないとか、強烈な日差しを浴びる屋外で仕事しているとか、そういった環境によりアドバイスが変わってきますがいかがでしょうか?

 
女性でしたら、普段使うSPF値が低いものと、アウトドアなどで使うイベント用のかなり強い日焼け止め二種類を使い分ける方も多いのではないでしょうか。

しかし、敏感肌ともなると、日焼け止めを着けると荒れたり、乾燥してしまいますよね。肌を落ち着かせるために、日焼け止めを塗る前の肌作りが重要となってきます。

例えば、朝は保湿化粧水で拭き取りをして、クリームを軽く塗ってから敏感肌用のUVクリームを塗るといった、保湿プラスUVクリームの順番にすれば、だいぶ乾燥は防げると思います。クリームが保護のように働くので、これでしたら市販のUVクリームも使えるかもしれません。

 
それでも、肌が荒れてしまうのでれば、やはり敏感肌用のUVクリームを使いましょう。SPF値が低いものが多いので、日中小まめに塗り直すなどの工夫が必要です。

ファンデーションのみでUVケアというのは、少し不安があると思います。ファンデーションでもリキッドやクリーム、ジェル、パウダーなど様々なタイプがありますが、パウダーが一番紫外線をカットするとも言われています。

敏感肌だからこそ、紫外線は避けなければならないので、保湿をしっかりしてからUV対応のベースも塗りましょう。

 
アウトドアやレジャーでなければ、日中はUV対応ファンデーションだけでも良いと思いますよ!ただし、首筋には塗ることができないので、首やデコルテだけ日焼けするという悲惨なことにならないようにしてくださいね!

ちなみに、UV対応のファンデーションについてですが、ビタミンなどの美白成分が入っているもので「日中つけている間も美白」というファンデーションは、逆に乾燥しやすいと言われているので買うときに要チェックです。

 

さいごに

以前、リキッドでニキビができたということですが、すべてのリキッドがダメだということではないと思います。

敏感肌用のファンデーションで、UVが入っているものをサンプルから使ってみましょう。

ミネラルファンデーションは、肌に優しくカバー力があり、UV効果があるものも多いですよ!

スポンサードリンク