敏感肌 スキンケア かゆみ

元々、肌が弱く、中学生頃から更に悪化して、20代の今でも悩んでいます。

市販の洗顔フォームや通販コスメの敏感肌用保湿ゲルで、かなり荒れた事があります。

肌の荒れ方は、カサカサなどの乾燥ではなく、痒みと赤み、水疱が出来ます。その状態が、長い時は1ヶ月ほど続いてしまいます。

敏感肌用の保湿ゲルは、「敏感肌用」と書いてあるので信じていたのに、痒みが引くのに1カ月ほどかかり、顔以外の首や腕も水疱ができるような状態に...

せっかく買ったスキンケアが使えないのは哀しいです。私はどんなコスメを使ったら良いのでしょうか?

 
原因が分からないのですが、石油系の成分にアレルギーを起こしているのだと思います。でも、最近は「無鉱物油」と書かれたものでも、荒れることがあります。

現在使っているものはシャンプーとコンディショナーはツバキで、メイク落としと洗顔フォームはナイーブとお茶せっけんです。

現在合っているので使っている化粧水は、しゃぼん玉石鹸の化粧水です。乳液やクリームは、水分が多すぎるからか、かゆみが出るので使えません。

~20代半ば・女性のお悩みです~

 

スキンケアで痒みや水疱が!原因が分かりません...

痒みや水疱、赤みが出るのは、女性にとって辛いことですよね...

皮膚科の受診は、されたことありますか?

市販されているドクターズコスメや敏感肌用と書かれているものでも、絶対大丈夫ということはありません。まずは、どの成分に反応してアレルギー反応が出ているのかを、突き止めなければなりません。

スキンケア以外で肌荒れの原因を探ることも必要

皮膚科では、アレルギーテストを行うことができます。

できれば、美容皮膚科を専門にしている女性の先生がいる病院だと相談しやすいと思います。荒れてしまったスキンケアと、今使えているスキンケアの両方を持参すればアドバイスをもらえます。

スポンサードリンク

コスメやスキンケア以外の要因で、アレルギーが出ている可能性もあります。まずは、何が原因で荒れているのかを知る作業が必要です。

化粧品に含まれている成分も肌荒れを起こす原因となる

化粧品の成分ですが、確かに最近は「鉱物油」を問題視する方もたくさんいますが、鉱物油が入っていないからと言ってOKなわけでもないのです。

通販で買われた保湿ゲルは鉱物油を使っていないタイプだと思われますので、それで荒れたとなれば違う原因があるのかと。また、今使っているケアは特に敏感肌用というわけではないようですね。

 
これまで合わなかったものとの違いを、書き出してみるのも必要です。荒れてしまったスキンケアに入っていて、今使っているものに入っていない成分を調べてみると、次回買うときに参考にできます。また乳液は、水分が多いから合わないというのはちょっと違うと思います。

これも、これまで合う商品に出会えていないからだと思うので、こちらもトライしていく必要があります。

 
乾燥して、余計にピリピリしてしまうのが敏感肌なので、油分で蓋をすることも大事です。

また、使用しているシャンプーは、石油系界面活性剤を使用しているものです。これを使っている最中に痒みが出ていないのであれば、界面活性剤が合わないわけではないということが分かります。

ケミカルなものが、すべてダメというわけではないので、まだまだチャレンジできますよ!

オーガニック化粧品でも注意が必要です

敏感肌用と書かれているコスメについてですが、最近では自然派コスメ(オーガニックコスメとも言われます)も増えています。この自然派コスメに使われる精油などが合わないという方もいらっしゃるので、こちらも選ぶ際に注意が必要です。

使っているオイルや香料について、勉強していかないといけないので大変だとは思いますが、肌に合うものに出会えたら、まずはそれを使い続けて肌を安定させましょう。

 

さいごに

コスメを買う時は、必ずパッチテストを行うこと!

サンプルを請求して、1週間ほど肌の変化を見てみましょう。肌に合う商品に出会えるまで根気が要りますが、頑張ってくださいね!

スポンサードリンク