ウエディングドレス 似合う

半年後の結婚式までに、ウエディングドレスがもっと似合うようになるため、これまでのスキンケアをワンランクアップさせたいです。

メイクというより、肌を綺麗にみせたいです。
(お化粧より、地肌がキレイになりたい!)

顔だけでなく、背中や腕、デコルテなどもケアしたいです。
敏感肌にダメージのないものを希望します。

~30代前半・女性の方のお悩みです~

 

ストレスフリーな花嫁はウエディングドレスが似合う美肌に!

ウエディングドレスが似合う美肌になるためには、大事なことがあります。

それは、結婚式を迎えるまでに大事なこと【肌ケア・ボディケア・精神的なケア】の3点です。

美肌になるためには、変えた方が良いことや変えるべきでないことがあります。

花嫁の肌ケアは?

まず肌ケアですが、これまでの敏感肌用化粧水や乳液が肌に合っているようでしたら、それは変えるべきではないと思います。

コスメに配合されている添加物によって敏感肌は荒れやすくなりますので、今まで使っている化粧水でコットンパックをしたり、敏感肌用の美容液やアイクリームを加える程度にしておくほうが良いと思います。

スポンサードリンク

花嫁のボディケアは?

続いてボディケアですが、ウエディングドレスを着ると、首からデコルテ、背中、腕がすべて肌を露出します。ですので、これまで行っていた顔のケアをこの部分まで行う意識が大切です。

化粧水で水分を与えてから、ボディオイルやボディクリームを塗るなど、水分を溜め込む肌質を作っていくと良いでしょう。

また、気になるむだ毛ケアや痩身のエステですが、敏感肌ということもあるので肌荒れがないとも限りません。美容外科や皮膚科といった専門医に相談したり、エステティックサロンであっても、無料の体験やカウンセリングを利用して慎重に決めるべきだと思います。

花嫁の精神的なケアは?

ここまでケアをしなければいけない!という風に言いましたが、最後に大事なのは精神的なケアです。

結婚式当日、嬉しさや幸せを感じる花嫁は、多少ニキビがあろうとも乾燥していようとも、世界で一番美しい人。自信を持つことが大事です。

 

まとめ

結婚式までの準備でストレスが溜まる新婦も数多くいますが、楽しみながら綺麗になりたいな!くらいの気軽さの方が良いです。

ストレスで肌荒れしないよう、楽しんで当日を迎えてください。

スポンサードリンク